「池田重子 横浜スタイル展」昔きもの〜現代KIMONO

安達絵里子さん(きものライター)のご紹介で「池田重子 横浜スタイル展」昔きもの〜現代KIMONOにおきまして、藤井秀樹が撮影した池田重子先生の写真を展示いただけることになりました。会期中には安達絵里子さん(きものライター)のトークショーも開催されます。
「池田重子 横浜スタイル展」昔きもの〜現代KIMONO
 
■12月13日(金)〜2018年1月8日(月・祝)
■6階=そごう美術館
■開館時間:午前10時〜午後8時
※入館は閉館の30分前まで
※12月31日(日)は午後7時閉館
 
引き継がれる美意識
「昔きもの」ブームの火付け役であり、コレクター、デザイナー、コーディネーターとして活躍した池田重子(1925〜2015)。 「引き継がれる美意識」をテーマに、横浜のハイカラなセンスを感じさせる装い、冬の集いから吉祥の趣に満ちた婚礼衣装など約150点に加え、再現した池田重子の私室、アーカイブによる「きものと美意識の変遷」をご紹介いたします。
 
◆「きもの」でご来館の方へ
毎日先着20名さまに松田恵美(まつだめぐみ:本展イラストブック著者)ポストカードをプレゼントいたします。
★くわしくはこちら
 
■入館料
 大人1,000(800)円
 大学・高校生800(600)円
 中学生以下無料
 
※( )内は前売および20名さま以上の団体料金
※ミレニアム/クラブ・オンカードをお持ちの方は( )内の料金にてご入館いただけます。
※障がい者手帳各種をお持ちの方、およびご同伴者1名さまは無料でご入館いただけます。
※表示価格は本体価格に消費税額を加えた「お支払総額(税込価格)」となっております。
主催:そごう美術館、池田重子コレクション
後援:神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会
協力:「婦人画報」、「美しいキモノ」、ホテルニューグランド
特別協力=IKKO
協賛:(株)そごう・西武