伝説のモデル我妻 マリさんの自叙伝「明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?」 幻冬舎が発売されました。

伝説のモデル我妻 マリさんの自叙伝「明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?」 幻冬舎が発売されました。

我妻 マリさん1967年、17歳でモデルデビュー。広告、CF、ファッション誌、ショーモデルで活動。19才からオート・クチュールモデルとして10年間の経験を積む。1977年にパリコレデビュー、イッセイ・ミヤケ、ティエリー・ミュグレー、ジャン=ポール・ゴルチエ等、数々のデザイナーズブランドのショーにも出演し、日本人モデルがパリコレクションへ進出する礎を築いた。現在はモデルとしての枠を超えて、画家、講師などユニークな才能を今も尚、発揮し続けており、圧倒的な存在感で、多くのファンに支持されている。 我妻 マリさんと藤井秀樹とは、1970年代に多くの作品を撮影した時のモデルさんです。今回当時の写真を背表紙にご使用いただきました。 Amazon.comでこの商品を推薦したいと思います。

 詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/434403581X/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_0jyAEbNJNM8V7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。